Menu

ワイナリーの歴史

創立者

ロートシルト (ロスチャイルド) 家は、ヨーロッパの偉大なワインファミリーとして最も有名です。その中でも特に有名なのは、フィリップ・ド・ロートシルト男爵です。彼は、20歳の若さで、父、アンリ男爵からシャトー・ムートン・ロートシルトの経営を引き継ぎ、その後ワイン業界に革新をもたらしました。また、シャトー元詰めを考案し、著名な芸術家にラベルのデザインを依頼し、1979年にはロバート・モンダヴィとパートナーを組みオーパス ワンを創立しました。

1980年代にバロンが亡くなると、その娘、バロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトが、コメディ・フランセーズやレノー・バロー劇場といった舞台から退き、彼女独自の鋭敏なスタイルと創造性をオーパス ワンのデザイン、建築、運営に取り入れました。

ニューワールドワインの偉大なパイオニアであるロバート・モンダヴィは、世界的にその象徴的な存在です。彼は、60年以上にわたり、あらゆることに最善を尽し、情熱的にカリフォルニアの高級ワインのルネッサンスをリードしてきました。また、創設間もないカリフォルニアワイン産業へ温度調節付き発酵タンクを導入したり、フレンチオーク樽による熟成、密植によるぶどう栽培を始めるなど数多くの業績を残しています。しかし、彼にとってワインだけがすべてではありませんでした。ワインと食事、音楽、芸術を融合させることで、アメリカの食文化を成長させました。アメリカ人としては、フランスのレジオンドヌール勲章の数少ない受賞者でもあります。ロバート・モンダヴィは、オーパス ワンの創立者の一人として、すばらしいビジョンを提供してくれました。

Photogallery rendered here.

ビデオツアー

ワイナリーの動画によるツアー(5分間)をお楽しみください。