Menu

Overture

オーヴァチャー

オーパスワンでは、数多くの偉大なボルドーのエステートの伝統に従い、オーヴァチャーと呼ばれる上質のセカンドワインを生産しています。偉大なオペラの序曲のように、作品全体がもつ完全な複雑さはないものの、傑出した作品そのものの要素を表現しています。

1993年以降、オーパスワンのための厳選プロセスの結果としてオーヴァチャーが造られてきました。私たちはオーパスワンを生産するために、自社畑のすべての区画において、細部にまでこだわり丹精を込めて大事に葡萄を育てています。この努力は長い時間を要するブレンド作業に至るまで続きます。

しかしながら、オーパスワン自社畑からのすべてのワインロットが最終的にオーパスワンのブレンドに選ばれるわけではありません。
このように残ったロットはさらにフレンチオーク樽で熟成の時間を経て、複数のヴィンテージでブレンドされるという融通性も加わり、結果的に、とてもエレガントで複雑味あふれる、親しみやすいワインができあがります。
 
オーパスワン生産の自然な流れとして、オーヴァチャーの品種構成は各ヴィンテージのロット選定に基づいて変わります。オーヴァチャーはオーパスワンの自社畑で栽培されているボルドー伝統の葡萄品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルド)の割合を反映しています。オーヴァチャーは、ヴィンテージの枠を超えてオーパスワン自社畑のエッセンスを捉えています。そのため、ブレンド率や樽熟成のアプローチは、オーパスワンとは常に異なります。

 このワインを購入