Menu

保管

ワインの保管状態については、いくつか重要なポイントがあります。まず、保管する温度と湿度、そしてそれを一定に保つこと、ワインの構成と瓶熟成のポテンシャル、熟成能力の違い、熟成期間の長さなどです。

多くのワイナリーや専門の保管業者は、保管温度を常に13℃に保っています。温度が低いとワインの熟成が鈍り、温度が高すぎると熟成が速まります。長期間ワインを保管したい場合は、13℃で保管されることをお薦めします。近日中にワインを開けたいと思われる場合は、18℃が適温です。また、赤ワインについても、18℃が適温です (詳細はサービスのページにある「オーパスワンのサービス(試飲)温度について」を参照)。

ワインは24℃以上の気温では放置しないでください。熱はワインにとって一番の敵で、そのデリケートなブーケやバランスを損なってしまいます。最も重要なのは、温度を一定に保つことです。温度が変化するとワインが瓶内で膨張、収縮し、少量の酸素が引き込まれるため、熟成を速めることになります。

 古いヴィンテージのテイスティングノートを参照する  

Opus One Vineyard